チョンクニア水上集落@9月10日

カンボジア滞在最終日はオプショナル観光。
チョンクニア水上集落を見学しに行きます。
全員参加でレッツラゴー。往路のバスの中、
e0322871_18391856.jpg
スケッチブックに自分で描いた漁の
しかけ。わかりやすい!日本語ガイド
のサヴィーがトンレサップについて
一所懸命説明。色々な魚が出て来て
ためになる。さすが!絵が上手だな。
e0322871_18011203.jpg
半時間ほどでプノンクラオムふもとの
船着き場に到着。ここからボード移動
デス。10名未満なので、小型のボート。
e0322871_18094610.jpg
8人乗りかな。今回は全員大学生の
皆さん。遺跡でも水上集落でも必ず
ネックルーと云われます。クメール
語(カンボジアの言葉)で先生という
意味デス(笑)。雨が少ないとはいえ
雨季!水位も高く集落がかなり近く
で見学できました。海のような大湖、
e0322871_18230163.jpg
トンレサップ。淡水魚の漁獲高世界
イチ!豊富な資源を数多もつ湖デス。
e0322871_18134300.jpg
湖の上に家を浮かべる水の暮らしが
e0322871_18213272.jpg
垣間見られます。病院、学校、教会、
e0322871_18214907.jpg
お寺エトセトラ。生活すべてを水上
でまかなう人々の暮らし。皆さんは
カルチャーショックを受けたようです。
e0322871_18152593.jpg
サヴィーの案内のもと最近完成したという
新しい立ち寄りスポットへ。チョンクニア
いちたくさんのワニがいるそうでわくわく。
e0322871_18164813.jpg
おっつ、これは大量。もう何が何だか…。
e0322871_18182207.jpg
昼間は口を開けてお昼寝タイム。口の中に
食べ物を投げ込みたい衝動に駆られますが
ガマン…。ワニだけではなく、コウモリや
見たこともないブルーの羽をもつ鳥やヘビ、
イリオモテヤマネコ的な強そうな猫もいて、
わくわくが止まりません。小動物好きには
たまらないスポットかも。チョンクニアは
歴史や政治上、ベトナム人が数多く暮らす
集落なのですが、コンポンプルックなどの
カンボジア人のみが暮らす水上集落もあり、
そこでは超高床式家屋が観られます。次回
はぜひそちらへ!2度目の集落観光にお薦め。

水の暮らし、そして村の暮らし。ピースイン
ツアーではちょっぴりカンボジアの暮らしを
体験できる旅のお手配できますよ。サヴィー
の案内のもとみんなで参加した水上集落観光、
とても楽しかったですね~。サバイサバーイ!




[PR]
by SKAPIT | 2017-09-10 17:58 | カンボジア | Comments(0)

日本とカンボジアを行き来するスタッフが綴りまス


by SKAPIT