食ING情報☆セイチーズ

先日パブストリート界隈を歩いていた際にみかけて以来ずっと気になっていた屋台。食通の在住女性の方が試して美味しかったと聞き、夜食にゲット!さっそく試食しました。セイチーズ…というネーミングはどこに端を発しているのでしょうか。生チーズの"なま”を"せい”と呼んでいるのか、もしくはハイチーズ!か(苦笑)。店員さんに訊いても知りっこなさそうなので私自身の神ギモンにしておきます(笑)。
e0322871_00543518.jpg






ちょっと原宿っぽい雰囲気のパッケージキャラクター。いやいや北海道チーズトースト、美味しくないわけがなかろう。トルコ名物ドンドルマアイスクリームがごとくチーズがのびるというからさらに気になる~。
e0322871_00584052.jpg


チーズが伸びる様をイラストにすると凄いな…(笑)。オリジナル、チョコレート、チャコール(炭)、ストロベリー、抹茶などフレーバーが5つと豊富なラインナップ。23時過ぎゆえオリジナルはすでに完売。ゆえに炭をチョイス。
e0322871_01025452.jpg

調理は企業秘密なのか…と思いきやそうでもないらしい。店員さん曰く北海道のチーズをつかっているとか。その流通経路について疑問を感じつつも道民としては嬉しい。
e0322871_01041926.jpg

ひとつ2.8ドルはそれなりの価格設定。ましてやここは日本ではなくカンボジア!クマエの皆さんには手が出せないのでは!?と思いきや、どっこい行列をなすこともあるのだとか。口コミで美味しいという噂が広がっているのでしょうか。最近、タイの影響なのか北海道人気が急上昇のようです。
e0322871_01044736.jpg
この日も次から次へとひっきりなしにチーズトーストを求めてやってくる若者たちを確認しました。
e0322871_01055728.jpg
奥に鎮座する招きスレイ(女)。チーズは超高カロリー!真夜中に食べ続けたらばこちらの招きスレイのようになること必至…苦笑。クセになる美味しさゆえおそらくリピートしますが、間を空けて食べることにします…苦笑。

ついつい食に走ってしまいそうなシェムリアップの街。近年そうたらしめるだけのお洒落なカフェやレストランが続出しています。食の選択肢が増えるのは嬉しいことですが、生き残り競争も激しそう。美味しいところは残る!単純な構図ですが如何せん、それだけではない事情もあるようで。ネタがなくなったら掲載しようぐらいに思っていたセイチーズ。北海道に暮らす祖母や父母は元気かな…と郷愁に駆られたこともあいまってさっそく今宵綴ってしまいました。美味しくて話題性があるのでぜひ試してみて下さい。

旅のご相談は、カンボジア&スタディツアー専門旅行社のピース・イン・ツアーまで!







[PR]
by SKAPIT | 2018-06-11 18:50 | お気に入り | Comments(0)

カンボジアに駐在する旅行会社スタッフが綴ります。


by SKAPIT