驚き!超ジューシーなハチミツパイナップルFROMストゥントレン

日本一時帰国よりシェムリアップに戻った昨晩。荷ほどきをするズクもなく倒れるようにバタンキュー。今朝は隣接するSさんのお店へ。1週間ぶりのファミリーたちに出会い心が和む。人気ナンバー1メニューのアレを堪能していたところサービスで出してくれたコチラ・・・
e0322871_03493886.jpg




その名もマノアタックモン(はちみつパイン)。超絶ジューシー!繊維の隅々まで甘い液体がつまっている感じ。一目瞭然の甘み。口に入れて驚愕!固形物を食べている感覚まるで無し。フレッシュな搾りたてジュースみたい。確実に人生初のベストパイナップルに認定。パイナップルの既成概念が取っ払われました。Sさんの叔父さんファミリーが巨大魚を求めてストゥントレンへ出かけたついでにお土産として購入してきたという特別な種類のパイナップル。シェムリアップ州では手に入りません。ガッツリいただき、ごちそうさまでした。ぜひまた食べたい!パイナップルのためだけにストゥントレンへ行ってもいいぐらい。私のようにパインの繊維が歯に挟まってしまうスキッパーの方に食べていただきたい代物です。
e0322871_03560262.jpg

そして、私が注文したのは定番のコチラ。Sさんのお店では断トツ人気ナンバーワン!煮込んだ鶏ももを揚げて甘辛く味付けをしたバーイサイッモアン(鶏肉のせご飯)スープ付き。お店を訪れる8割以上がこのメニューを選ぶのだとか。常連さんのなかには連日連夜食べにくる方も。
e0322871_03590905.jpg

おそらく昼のまかない料理だろう…と思われるへちまと豚ひき肉の炒め(沖縄のナーベーラー)もいただき、ちょっと軽くランチのつもりが盛りだくさん!超豪勢な昼食となりました。幸せをありがとう!
e0322871_04010855.jpg

Sさんのお店は常連さんのほとんどが中高生!彼ら彼女らがつい立ち寄ってしまう気軽に入れる空間も魅力。本好きのSさんが運営する古本屋さんも併設されていて、食事やおしゃべりを楽しんだあとは好きな本もレンタル(デポ制)もしくは購入できちゃう。クメール語の発音表記の話がどんどんふくらみ、熱を増す語学トーク。Sさんがクメール語と英語の辞書を見せてくれました。かなり年季が入っている模様。聞けば、中学生のときにお母様が20ドルで購入してくれたのだとか。けっこうな大金。今では入手困難なプレミア辞書?

今でこそ本がたくさんある時代ですが、少し前のカンボジアでは本は貴重且つ希少だったに違いない。辞書に記載された発音記号通りに読めばクマエと同じ発音でリピートできちゃう優れもの。またぜひ見せてもらおう。少しだけのつもりが2時間強の長居。心にも体にもパワーをいただいています。いつもオークンチュランナッ。

旅のご相談は、カンボジア&スタディツアー専門旅行社のピース・イン・ツアーまで!





[PR]
by SKAPIT | 2018-06-22 08:07 | カンボジア | Comments(0)

カンボジアに駐在する旅行会社スタッフが綴ります。


by SKAPIT