人気ブログランキング |

<   2013年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

いよいよで~ス!

来週末に開催される『カンボジアフェスタ』。逆算して鑑みるに、
いつ準備するの?今でしょ!(しつこくてすみません…)と思い、
e0322871_7225782.jpg

いつもよりも少し遅くまで頑張った昨晩。いわゆるO型の大雑把
な私とこれぞA型の几帳面な先輩との絶妙コンビで作製しました。
e0322871_7224134.jpg

弊社ピース・イン・ツアーのブースでは、ご来場される皆様に
カンボジアにまつわるクイズをご解答いただきます。先着にて
お土産として大人気のアンコールクッキーをプレゼント。全問
正解者にはステキな景品も。皆様、奮ってご参加くださ~い!
e0322871_7235370.jpg

ブースだけでなくイベントも開催いたします。以下に、詳細をば。

☆7月6日(土) 午後3時~ 
写真家・足立君江さんを迎えてトーク&スライドショー

☆7月7日(日) 午後2時半~
カンボジア留学生を迎えて「旅のクメール語講座」開講

たくさんの皆様のご来場、お待ちしておりま~ス!たのしみです。

「カンボジアフェスタ」は、7月6日(土)、7日(日)の2日間ですが、
先行して開催される「スナーダイ・クマエ孤児院絵画展」へもぜひ!
昨日より3日間は和歌山会場での開催。なんと!1日目のご来場
者数は80名を越えたとのこと。大盛況ですね。来週が待ち遠しい!
https://www.facebook.com/#!/media/set/?set=a.673574605991454.1073741826.305731286109123&type=1
絵画展に併設して足立君江さんの写真展も開催致します。今年も
11月にカンボジア撮影ツアーを企画しております。足立さんも連日
会場にいらっしゃいます。ご興味のある方はぜひ足をお運び下さい。
http://blog.goo.ne.jp/sakaibasi369/e/fe4d8ed1e6a3dff0b9bd978a29058b0e

楽しみ満載の一週間。皆さんで一緒にカンボジアを盛り上げましょう!

by SKAPIT | 2013-06-29 07:27 | 日本にて | Comments(0)

ビザの申請&受領にて外に出かけるコトの多い私の業務。時には
2カ国、3カ国とハシゴすることもあります。本日も午前はバングラ、
午後はベトナムへ。かなりの待ち時間が出てしまったゆえ、パワー
スポットと思しき代々木八幡宮を参拝後、インドカリーランチを堪能。
e0322871_13394359.jpg

我ながらイイご身分ですね…(苦笑)。せめてブログを更新しようと思い、
PCに向っておりまス。本日ご紹介したいのはお気に入りのエコバッグ。
e0322871_13353933.jpg

折りたたむとこんなにもコンパクト!通勤バッグの中に忍ばせています。
e0322871_13353060.jpg

皆様の大切な貴重品を携帯するのに毎日のごとく使っているこちらは、
『海外ボランティア・スナーダイ・クマエ孤児院を訪ねて』にご参加された
皆さんにいただいた代物。町の中心にあるオールドマーケットにて購入
できます。特筆すべきはゴザ風の底部。丈夫で長持ち!重宝していまス。
e0322871_13363493.jpg

さて、そろそろ午後の仕事へ。八幡宮で引いたおみくじが大吉だったゆえ
e0322871_13404648.jpg

一気にテンションの上がる単純な私(苦笑)。良きコトがありますように…。

by SKAPIT | 2013-06-28 13:42 | お気に入り | Comments(0)

ITTの皆様、ご来社!

ベトナム手配でお世話になっているインドチャイナツーリスト(ITT)の
イェンさん、リーさん、佐藤さんがご来社。たくさんお土産をいただき
ました。カムオーン(ありがとうございまス)。業後は馬場にて懇親会。
e0322871_1782848.jpg

楽しい写真を撮ろうと思っていたのですが…。結局、撮影せずじまい。
ゆえにこちらの集合写真は弊社パンフレットに掲載しているものです。
実は初めてお目にかかる皆様を前に少々緊張しておりました(苦笑)。

懇親会にて話題に上った「北部、中部、南部の気質の違い」。
北部は真面目、南部は自由奔放、中部は勉強熱心…だとか。
興味深し!南北に長いという点で、日本と共通することの多い
ベトナム。出身地によって気質が違うというのはわかる気も…。

短い時間でしたが楽しいお話をたくさんありがとうございました。
今後もお世話になりますが、どうぞよろしくおねがいいたしまス!

さて、梅雨も佳境を迎えております。終日シトシトと雨が降っている
ゆえ少々憂鬱。平日の代休を利用して写真展に出かけようと思って
いたのですが如何せんズクがないゆえ当然の如く雨天中止(苦笑)。
e0322871_1782635.jpg

やっとの思いで出かけてみた近所のベトナム料理店「maimai」さん。
e0322871_1785951.jpg

社員研修のため7月3日まで閉店(泣)。弊社の担当が航空券のご手配をば。
ありがとうございまス。帰国したら新メニューができるのカシラ?楽しみです。
e0322871_1793421.jpg

店先にアロエが置いてありました。オーナー足立さんのお心遣い。素敵でス!
e0322871_17104341.jpg

宮古島マンゴーかき氷、気になりまス!梅雨が明けたら出かけてみましょう。

by SKAPIT | 2013-06-26 17:13 | 日本にて | Comments(0)

過去に数年間暮らしていたカンボジア。本来ならばペラペラ話せて
当然のクメール語ですが(苦笑)。すっかり忘れつつある…というか、
もともとさほど習得していなかったのでは?と疑心暗鬼になるほどに
最近はとんと言葉が出てきません。添乗で赴く度に反省していまス。

遡ること十数年前、アンコールワットのある町、シェムリアップのホテル
にて勤務し始めた頃、一番初めに覚えざるを得なかったクメール語は
「数字」でした。もちろんお客様とのコミュニケーションは、日本語、英語、
フランス語?でしたが、ハウスキーピングやオペレーターとのやりとりは
クメール語のみ。お部屋番号を伝える時、英語では通じなかったのです。

先日、パンレットを設置するべくランチタイムに訪ねた町田のカンボジア
料理店アンコール・トム。レジの傍で売られているクメール数字カードを
発見し、即買い。動物が数字になるキュートな代物。お気に入りに追加!
e0322871_0324573.jpg

ソーン(0)・ムォイ(1)、ピー(2)、バイ(3)!
e0322871_0334017.jpg

ブォーン(4)・プラム(5)、プラム・ムォイ(6)、プラム・ピー(7)!
e0322871_0334630.jpg

プラム・バイ(8)、プラム・ブォーン(9)、ダップ(10)!

表情、 仕草、態度、声の調子などの「ノンバーバル(非言語的)」な部分も
大切ですが、より良い関係をつくるキッカケづくり、さらに深い関係を築く
には、「言葉」というコミュニケーションツールの存在は大きいと思いまス。
こんなにも怠惰な私でさえも、カンボジアの人たちとうまく付き合うために、
必死にクメール語を学んだ過去が。今となっては懐かしい思い出(遠い目)。
今さらながらモーレツにクメール語を学びたくなってきました。さて、来たる
7月6、7日に日本アセアンセンターにてカンボジアフェスタが開催されまス。
e0322871_0342884.jpg

2日目の午後2時より、弊社の井伊が講師で登場する「旅のクメール語講座」を
行う予定です。いまスグ使えるクメール語が盛りだくさん。カンボジアへの旅を
ご計画中の方、旅の思い出をふりかえりたい方、未知なる言語を学ぶ楽しさを
味わってみませんか?皆様のご来場、スタッフ一同心よりお待ちしておりまス!

by SKAPIT | 2013-06-25 00:40 | お気に入り | Comments(0)

海外ボランティアツアーにて長年お世話になっている
スナーダイ・クマエ孤児院の絵画展がもうすぐ始まり
まス。東京の会場は御成門の日本アセアンセンター。
e0322871_0121185.jpg

孤児院代表メアス博子さんのご厚意で壁一面をお借りし、
写真家・足立君江さんのモノクロ写真展が開催できること
になりました!13年間、カンボジアを通い続けて撮影した
「カンボジアの子どもたち」。これまで、今、そしてこれから。
e0322871_0135482.jpg

e0322871_0152461.jpg

スナーダイ・クマエ孤児院の子どもたちの成長を知ることが
できる写真も!絵画展併設の写真展。見ごたえ満点です!

詳細は、スナーダイ・クマエのブログにて。
http://snadai.blogspot.jp/2013/06/blog-post_21.html
当日の会場を想像すると鳥肌が立ちます。
信頼関係なくしては成し得ない夢のコラボ。
皆様のご来場、心よりお待ちしておりまス!

本日は、写真展でお借りするフックを見せてもらうべく会場を
訪ねました。担当の水嶋さんに感謝です。有難うございまス!
e0322871_016375.jpg

打合せの続きはアセアンセンター直近のイタリアンハウスにて。
e0322871_0163199.jpg

こちらのランチ、今年は何度利用することになるでしょうか(笑)。
e0322871_017457.jpg

試飲ワインもいただいちゃいました!仕事中だけど、まぁええか。

「子どもたちの絵」と「足立さんの写真」をゆっくり鑑賞したい方は
7月3~5日午前がオススメです。スライドを観ながらの足立さん
トークショーは、カンボジアフェスタにて7月6日午後3時。当日は
私も司会をさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたしまス。


「写真家・足立君江さんと行く!カンボジア撮影ツアー2013」
http://www.pitt.jp/article/14834712.html
写真家・足立君江さんとは…。詳しく知りたい方は要チェック!
http://www.pitt.jp/article/14838510.html
by SKAPIT | 2013-06-23 18:00 | ご報告&告知 | Comments(2)

『VEGIPSクマエ』

6月21日は、夏至。一年で一番日照時間が長い日のハズですが、
残念ながら今年は曇り空。今は昔、夏至のお祝いにかたくなった
お正月のお餅を食す習慣があったことから「スナック菓子の日」に
認定されているとか。こういう類のウンチクって、けっこう好きカモ。

いま、巷にて女性に人気を呼んでいる野菜チップス「VEGIPS」。
カロリー控えめでヘルシー。おやつにもおつまみにも最適です♪
e0322871_2212073.jpg

実はカンボジアにも酷似のチップスがありまス!緑黄色野菜が
ミックスされたクメール版「VEGIPS」。野菜本来の自然な甘みと
e0322871_2221352.jpg

塩味が絶妙。アンコールワットのある町シェムリアップの中心に
あるオールドマーケット(プサー・チャ)にてご購入いただけまス。
e0322871_2233088.jpg

封を切ったらば、ヤメラレナイ、トマラナイ!つい手がのびてしまい
ます。バナナチップスがミックスされているのもうれしいところでス。

少しでも健康的なチップスを食すことでプリン体摂取の脅威を防ぐ
ことができるのならば御の字じゃ。というわけでビールを呑みまス!

by SKAPIT | 2013-06-21 21:16 | お気に入り | Comments(0)

代休消化のため終日休。さて、何をしようカナ…と昨晩より
計画していたのですが、結局始動したのは昼下がり。4月
にカンボジアにて購入した小太鼓「スコートゥーイ」を携えて
向かった先はカラオケボックス。ジャンベの教則本で練習を
はじめたもののすっかりサイドテーブルに成り下がっていた
現況を打破するべくドラムを交えてのひとりカラオケ(苦笑)。
e0322871_21361373.jpg

まずは基本の4/4拍子。色々と試してみた結果、「島人ぬ宝」
や「島唄」などの沖縄音楽や「チェリー」などのスピッツの名曲
e0322871_21364935.jpg

がピタリとハマりました。サバーイ(楽しい)!打楽器に親しんだ
経験は皆無に等しいですが、初めてのコトをマナブのって新鮮!
時間を忘れて打ち鳴らしていたゆえいつの間にか予定の1時間
を超過。傍から見たらイタい?この際他人の目は気にしませぬ。
e0322871_2146205.jpg

喉が乾いたので近所のカフェに立ち寄り、チョコレートサンデーを。
ジャンベに興味津々でドラムサークルにも参加してみたという方に
出会い、意気投合。ドラム仲間に!次回はふたりで公園デビュー?
とても楽しみでス!縁が縁をよんで円となる。素敵な休日にオークン。

カンボジアの村の子どもたちにリズムを教えて、クメール伝統音楽を
マナブというボランティアツアーの新企画「音楽でつながる交流活動」
http://www.arukikata.co.jp/volunteer/interchange/022.html
e0322871_23271579.jpg

現在募集中。音楽を学ぶコトの楽しさを今まさに身をもって実感している
私のイチオシ!音楽を通して国際交流したい方にぜひお薦めしたいです。
カンボジアへレッツラゴー!ご興味ある方、お気軽にお問い合わせ下さい。

by SKAPIT | 2013-06-19 21:48 | 日本にて | Comments(0)

会社の先輩とともに町田に店を構えて28年の老舗クメール料理店
「アンコール・トム」へレッツラゴー。パンフレットを置かせていただく
e0322871_023554.jpg

ミッションを完了後、リーズナブルなセットメニューを堪能。アプサラの
e0322871_02539100.jpg

呼び鈴を鳴らし、注文。前菜は、サラダ&スープ。選べるメイン料理は
6種類。添乗でカンボジアへ赴く度に食している「ソムローカリーモアン」
e0322871_027723.jpg

(カンボジアのチキンカレー)をば。ホロホロとろける鶏肉の旨みが口の
なかに広がります。八角などのスパイスが効いたルーの味わいに感動。
ボリューミーですが胃もたれ知らず!「コーサッチュルッ」(豚肉と玉子と
e0322871_0281772.jpg

筍の煮物)も、ともにいただきました。白いご飯が進みまス。チィガンナッ!
e0322871_0303582.jpg

デザートは、シェムリアップの町の中心にあるプサチャー(オールドマーケット)
でもよく見かける寒天スイーツ。お口直しにピッタリ!のさわやかな味わいです。
e0322871_0305987.jpg

いつ食べるの?今でしょ!のかぼちゃプリン。こちらのブログでもご紹介させて
いただいているカンボジアの名物デザートと濃厚なコーヒーを。至福のひととき。
e0322871_0314430.jpg

お店は3階。階段を上る際に目に飛び込んでくるレトロなポスターに注目!いくら
踊り子さんでもイマドキこのメイクはないなぁ…(苦笑)。「明星」(スターの雑誌)に
掲載されていた昔のアイドルを思い出し、思わずシャッターを切ってしまいました。

「アンコール・トム」は・・・
http://www.angkor-thom.info/
カンボジア関連の様々な著書を手がけるペン・セタリンさんがお嬢様モニカさんと
ともに経営していまス。収益金はすべてカンボジアの教育と女性の自立に使われ
ているそうです。個人的にはモニカさんの「演劇人生」が気になるところ。ブログも
チェックしてみましょう。カンボジアに対するイメージが少し変わるかもしれません。

「ペン・セタリンさん」のブログ
http://blog.oricon.co.jp/setharin/

by SKAPIT | 2013-06-18 00:33 | 日本にて | Comments(0)

幸福をよぶ?まねき女神

部屋の片隅に飾ってあるお気に雑貨のひとつ「まねき女神」。だいぶ前に
シェムリアップの町の中心にあるオールドマーケットで購入した代物です。
e0322871_22195579.jpg

マネキメガミ、マネキメガミ…早口言葉のようで言い難し(笑)。まねき猫と
同様の効果が望めるハズ!と勇んで購入したものの未だ幸福を招く気配
がひとつも感じられません。どうして女神なのか?クメール正月に女神が
舞い降りることに関係しているのか?謎は深まるばかり。笑んでいるのか
嘆いているのか不思議な面持ちにさらなる興味をそそられます。まねき猫
について調べてみたところ、右手は「お金」、左手は「人」を招くのだそうで。

こちらのまねき女神、右手を上げております。ゆえにお金を招いてくださるの
でしょうか。そういえばカンボジアの商店には大抵このまねき女神が鎮座して
いまス。「商売繁盛」を願っているのでしょう。お金は大切や…としみじみ感じる
今日この頃。浪費し過ぎぬよう日々精進しまスと女神に誓っておきました(泣)。

by SKAPIT | 2013-06-15 22:21 | お気に入り | Comments(0)

午後から出勤の日は、神楽坂に立ち寄って、ランチをしてから出社
することにしていまス。情緒あふれる佇まいに癒されながらの散策。
自ずと足が向かうのはカンボジア料理店バイヨン。飯田橋で下車し、
神楽坂を上った先に毘沙門天。参拝してからお店へ。スォースダイ!
いつも温かい笑顔で迎えてくれるコックのリアスメイさんと接客担当
のセーンさん。つい訪れてしまう所以は、彼らとの楽しい会話にある
e0322871_6563467.jpg

のカモ。特にセーンさんとは、時間の許す限り途切れることなく語って
いまス。本日の話題は、主に上座部仏教について。日本語が流暢な
タイ人の彼女。以前は旅行会社にて日本語ガイドをしていたとのこと。
カンボジアと重なるところの多いタイにおける仏教観。セーンさんも私
も、偶然赤い服を纏っていたところから発展し、産まれた曜日によって
色が決まっているというお話で盛り上がりました。「赤」は日曜日の色。
「愛する」という意味だそうです。素敵!ちなみに私が産まれた土曜日
は「紫」。セーンさん曰く、お酒が大好きで強いとか(苦笑)。オモシロし。

いつも明るいセーンさんとの会話。時間を忘れて話し込んでしまいました。
オークンチュラーン!もとい、コープクンカー!また寄らせていただきまス。
e0322871_6565486.jpg

ランチは、チャートロップ(なすと豚挽き肉の炒め物)、ソムロー・プカー
トモー(海苔のスープ)、バーイ・ソー(白いご飯)を注文。デザートには
e0322871_6572470.jpg

ボボー・ラッパウ(タピオカ入りのココナツ&かぼちゃのスイーツ)を堪能。
e0322871_712157.jpg

来月一周年を迎えるとのこと。ソームチュンポー(おめでとうございます)!

日本人に馴染みのある優しい味わい。カンボジアへのご旅行をご計画の
方は、情報収集&現地体感するべく、バイヨンレストランを訪ねてみては?
ドキドキとわくわくが増幅すること間違いナシ!旅熱の上昇する空間です。

by SKAPIT | 2013-06-15 07:02 | 日本にて | Comments(0)