人気ブログランキング |

<   2013年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

先週末に友人と訪れた某居酒屋チェーン店で
遭遇した「カンボジア」。レモングラスを使った
お酒やお茶がメニューブックに掲載されていて、
e0322871_7153583.jpg

驚きました。カンボジアでは日常的に用いられて
いるハーブ「レモングラス」が日本の居酒屋にて
味わえるなんて。よく見ると社会貢献の文言が。
e0322871_716462.jpg

なるほど…。カンボジアを支援している日本の企業
や団体は数多くありますがその実態を知る機会は
滅多にありません。カンボジアという国を知る好機
になっているでしょうか。色々と考えさせられました。
e0322871_7163712.jpg

開催中のハイボールフェアにうっかり呑みすぎてしまい
ました(苦笑)。焼酎レモングラス割りを試飲しましたが、
仄かなレモンの香りが爽やかな味わいを創出していて、
女性に支持されそうな一杯でした。機会あらばお試しを!

あと数日で約3ヶ月ぶりのカンボジア。会いたい人たちの
暮らす国に仕事で行けることに感謝。宜しくお願いしまス。

by SKAPIT | 2013-07-30 07:18 | 日本にて | Comments(0)

世界報道写真展へ

世界の今を知り、考えるきっかけを与えてくれる写真展が
恵比寿駅近くの「東京写真美術館」にて開催されています。
e0322871_723103.jpg

知人にいただいたチケットを携え、行って来ました。第一線で
活躍するドキュメンタリー写真家や報道カメラマンたちが撮影
した実にバラエティーに富んだ約160点が展示されています。
e0322871_7234477.jpg

日本に暮らし、生きている分には世界中で起きている様々な
出来事を知らずに、また知ったとしても見過ごして生活すると
いうこともできるのだろうが、果たして本当にそれでよいのか?
知ったからといって何か役に立つようなことができるわけでも
ないのだが…。でもやはり知ろうという意思は大切にしたいと
思いました。貴重な時間に感謝。8月4日まで開催されている
ので、時間の余裕とご興味のある方は足を運んでみて下さい。

by SKAPIT | 2013-07-29 07:24 | 日本にて | Comments(0)

海外ボランティアツアーにていつもお世話になっている
㈱ダイヤモンド・ビッグ社のユリさんとイマイさんとともに
e0322871_1223186.jpg

兼ねてより気になっていた高円寺のチョップスティックスにて
オツカレ女子会を開催。ゆる~いアジアの風を感じる屋台風
のベトナム料理店。旅好きの4人、テンションが上がりました!
e0322871_1231547.jpg

大好物のパクチー、八角などのスパイスが効いたベトナム風の
焼鳥ビンミンに舌鼓を打ちながら爆裂する女子トーク(のつもり)。
e0322871_1234952.jpg

e0322871_1242159.jpg

生地がパリサクで具だくさんのベトナム風お好み焼きバインセオ。
e0322871_124483.jpg

未曾有のおいしさに一同感動の嵐。しばし無言にて堪能しました。
e0322871_1251915.jpg

〆に食したブンチャーは弊社のベトナム通が推すハノイの名物麺。
酸味ある汁に米から造られた麺を絡めていただくつけ麺スタイル。
e0322871_1255882.jpg

高円寺在住の社員も合流し、さらに楽しい週末の宴となりました。
e0322871_12132698.jpg

実はユリさんのだんな様は一昨日カンボジアから帰国したばかり。
八井が旅のご手配をさせていただきました。ありがとうございまス!
クッキーとソープのおみやげをいただき、そのお心遣いに感謝です。

いよいよ8月より本番を迎える今季のボランティアツアー。
お世話になりますが、今後とも何卒宜しくお願い致しまス。

by SKAPIT | 2013-07-28 12:14 | 日本にて | Comments(4)

先日の写真展で再会した「アンコールエクスプローラーズ」はカンボジアに
在住し始めた頃に出会った友人が編集したフリーペーパー。今読んでも
ガイドブック並みの情報量に感服します。私も連載記事『ザ★食ING』を
書いていました。懐かし!やっていることが今とあまり変わらない(苦笑)。
e0322871_054266.jpg

ずいぶんとファンキーなプロフィール写真。あの頃は若かった…としみじみ。
e0322871_061812.jpg

自分の書いたカンボジアの鍋料理「スープチュナンダイ」の記事に、思わず
ほくそ笑んでしまいました。文章がハチャメチャですが、勢いだけはありまス。
おもしろいので「食し方」と「美味しく食べるコツ」をご紹介させていただきます。

★食し方★
①まずはじめに、スープベースをつくります。牛肉のミートボールとにんにくが
味のベースです。煮込んで煮込んで味をしみこませます。←ベースからとは!
②つけダレ用にチリソースと味噌を混ぜます。日本ならばポン酢かごまダレで
代用。そっちのほうがおいしそう。。。なーんつって。←いやいや適当過ぎるし!
③①でつくったスープベースを土鍋のなかに入れてガスコンロの火をかけます。
④牛肉は予めとき卵を絡めておきます。ぐつぐついってきたら、野菜、湯葉、茸、
牛肉の順番で中に具を入れましょう。その際、カンボジアではアジノモトを砂の
ようにざーっと鍋に投入します。←食べ物の例えに「砂」とは恐れ入りました(笑)
⑤火が通ったら、しゃぶしゃぶの要領で特製の味噌チリソースをつけて食します。
⑥そろそろ終盤にさしかかったら麺を入れてしめます。←最後も予想通り雑だし!

★美味しく食べるコツ★
●鍋奉行(仕切る人)を決める ←はい?と思わず読み返してしまいました(苦笑)
●卵をまるごと鍋に放つ。半熟卵が激ウマで涙が出ます。←ていうか、勢いつよっ!
●できれば大人数で!楽しいし、美味しいし、あったまるよ~。←いや温まらんでも!
●カンボジアの人たちは、具を全部入れて煮込んでしまうので、気をつけましょう。
麺はコシが重要だからやっぱり最後に投入したほうがよいです。←当たり前デス!

地球の歩き方の旅「海外ボランティア」にて添乗員としてカンボジアを訪れる際に
ご参加者の皆様にオススメしているのが「スープドラゴン」のスープチュナンダイ。
e0322871_072243.jpg

e0322871_08758.jpg

ご宿泊いただくロイヤルクラウンホテルからも徒歩5分。夜に賑わいをみせるバー
ストリートの入口にある老舗です。写真は、4月のプライベート旅にて撮影したモノ。

ぜひ皆様にカンボジアの名物鍋料理をご堪能いただきたい!暑い国でも鍋料理。
生ビールとスープチュナンダイ、最高の組み合わせです。ぜひともお試しください。

by SKAPIT | 2013-07-26 00:08 | 日本にて | Comments(2)

遠藤俊介くんの写真展へ

先日こちらのブログに掲載しましたが、神奈川県港南台のカフェギャラリーにて
e0322871_9492078.jpg

開催された遠藤俊介氏の写真展に行って来ました。彼は、私がバックパッカーと
呼ばれる姿で旅をしていた頃からの友人で、カンボジアに在住してからもしばしば
食事に行く仲間のひとりでした。弟さんとお母様が中心となって展示をされたとの
こと。こじんまりとしたカフェに数多くの皆さま。とてもアットホームな雰囲気でした。
e0322871_950664.jpg

e0322871_9504522.jpg

e0322871_951219.jpg

本当にカンボジアが好きで好きでたまらなかったのだな…ということが伝わる写真。
被写体との信頼関係なくしてこんなにも素敵な笑顔は捉えられないだろうと改めて
感じます。遺作となる写真集「カンボジアの子どもたち」はamazonで購入できます。
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4897722217
e0322871_952854.jpg

e0322871_9524743.jpg

遠藤俊介氏の写真集『カンボジアの子どもたち』あとがきより・・・
初めてカンボジアを訪れ、人々の笑顔に驚いた。カンボジアは貧しくて危ない国だと勝手に
思っていた。人々の笑顔が忘れられず、再訪するまでにそう時間はかからなかった。宿の
オーナーが覚えていてくれたのが何よりも嬉しかった。これがずるずるとカンボジアへ通う
きっかけとなった。カンボジアで撮影を続けていると、カンボジア=危ない、貧しい、地雷だ
らけ…そんなことばかり言われた。貧しいけれど笑顔のカンボジアを撮り続けようと決めた。
e0322871_9541584.jpg

彼も携わっていたフリーペーパーを見つけ、懐かしい気持ちになりました。フェアトレードの
「ゴールデンミスティ」なるコーヒーをいただきつつ読み耽りました。今読んでも情報満載の
素晴しい内容。当時のカンボジアが甦ります。オークンチュラン!と遠藤君に伝えました。
e0322871_9533212.jpg


愛すべきカンボジアとそこに暮らす人々。8月になると、ツアーの添乗にてカンボジアを
訪れる機会が多くなります。年月の重みを感じ、一所懸命お仕事をさせていただきます。

by SKAPIT | 2013-07-23 10:22 | Comments(0)

ビアガーデンつながりで小話をば。暑い国の醍醐味とも云えるビール。
日本にも様々な銘柄がありますがカンボジアも然りです。そこでひとつ
私のビール観について。あくまでも恣意的な内容なので悪しからズ…。
e0322871_2121619.jpg

カンボジアのビールで一番有名なのは、缶のラベルに世界遺産アンコール
ワットが描かれたアンコールビール。ちょっぴり地ビールのような味わいで、
多少クセがあります。現地でも大人気!お酒好きの方へのお土産に最適。
e0322871_21223581.jpg

生ビールで楽しむ時はアンコールビールよりもアンチョービールがオススメ!
日本の銘柄ならばサッポロ黒ラベルが近いでしょうか。万人好みの呑み易さ。
e0322871_21231432.jpg

e0322871_21234658.jpg

今年4月、カンボジアを訪れた際にハマった究極のおつまみがこちら!所謂
B級グルメです。魚肉ソーセージやカニカマを油で揚げたスナック系メニュー。
ビールによく合うので、つい追加オーダー。ナイトマーケットで購入できます。
e0322871_2125208.jpg

カンボジアでよく目にするビールを並べてみました。バイヨンビール(左)、アンコール
ビール(中央)、アンチョービール(右)。どれもラベルがステキ!私はアンチョー派。
e0322871_21255884.jpg

最近、人気急上昇中のキングダムビール(中央)をはじめ、カンボジアビール(左)、
プノンペンビール(右)など。瓶ビールで呑みたいキングダムはスッキリとした後味。
e0322871_21264459.jpg

未だ日本からの直行便がないカンボジア。接続が良いのはベトナム航空でしょうか。
ベトナムのビールと云えば333(バーバーバー)。カンボジアのスーパーでも購入可。

プリン体を懸念して心が離れつつあったビールですが、先日のビアガーデンですっかり
その虜に。暑い夜のビールに至福の喜びを感じます。ひと缶だけ…とひとりごちながら
今宵も開けるプルトップ。日本ではキリン、カンボジアではアンチョーがお気に入りです。

by SKAPIT | 2013-07-21 21:28 | カンボジア | Comments(4)

雨季上旬のカンボジアよりも蒸し暑いのではないか?と思われる日本列島。
週末の業務後、枯渇した喉を潤すべく向った先は神宮外苑のビアガーデン。
e0322871_14192624.jpg

男性はスーツ&ネクタイ、女性はオフィスカジュアル?のドレスコードを徹底し、
いざ!実は人生初のビアガーデン。数日前より楽しみにしていたイベントです。
予約をしていなかったゆえ約1時間待ち。ビールとジンギスカンを楽しむ男女を
e0322871_14265754.jpg

前におあずけ状態。それを乗り越えてからの生ビールはこの上ない旨さでした。
e0322871_14283441.jpg

ネクタイをゆるめる…というミッションもコンプリート。これで心置きなく呑めます。
e0322871_14291966.jpg

肉汁じゅわ~っのBBQラムチョップで食欲も増進。ビールがどんどん進みます。
e0322871_14295028.jpg

e0322871_14465631.jpg

約1時間というビアガー体験。大満喫したことは、満面の笑顔が物語っています。
e0322871_14374662.jpg

ベトナムのビアホイやカンボジアのナイトマーケットを想起させるビアガーデン。ハマり
そうな予感デス。次回は屋上デビュー?今回諸事情にて不参加だった社員も次こそは!

カンボジアにビアガーデンが!という情報を入手。
いつかレポートしますゆえ、しばしお待ちを(苦笑)。

by SKAPIT | 2013-07-21 14:43 | 日本にて | Comments(0)

のこるは神戸のみ!です

公私ともにお世話になっているスナーダイ・クマエ孤児院主催の絵画展。
今年が初回となる名古屋会場へ、プライベート旅行も兼ねて赴きました。
最終日の14日にお手伝いをさせていただき、後半二日間は観光を満喫。
ただ今東京へ向かうのぞみにてしみじみと回想しながら綴っておりまス。

東京に続く名古屋。孤児院代表の博子さんは、実家のある和歌山に戻る
ことなく出張続行。本当にお疲れ様でした。短い時間でしたが色々とお話
ができて、楽しかった!ボランティアツアーにご参加された皆さんとともに
名古屋メシを堪能しながらの宴もサバーイでした。本当にオークンチュラン。
e0322871_20434051.jpg

手羽先唐揚げ、みそ串カツ、そして天むす?おいしそうに食す姿がステキ!
e0322871_2045911.jpg

e0322871_20454536.jpg

食写真ばかりの掲載は、こちらのブログの趣旨にはそぐわないゆえ(苦笑)、
ほどほどに控えまして。東京&名古屋会場にて展示された作品のいくつか
をご紹介。おそらく今頃はご購入された皆様のもとに届いていることでしょう。
e0322871_20461943.jpg

一目惚れして購入したピサール君の「すいか」。会社のデスクに飾っていまス。
e0322871_20464450.jpg

こちらのタイトルは「ゴールキーパー」。八井のデスクにて癒しモード全開です。
e0322871_20471540.jpg

e0322871_20474034.jpg

e0322871_20482671.jpg

今年の巨大絵画も圧巻!毎年どんどん上手になっていく子どもたちの絵画に
驚かされます。アンコールワットを模した鶏冠、ヤシ砂糖をつくる村の様子など、
e0322871_20485918.jpg

e0322871_20492885.jpg

子どもたちが自ら考案したカンボジアのPR。センスがピカピカ光っていますね!

のこるは神戸会場のみ!となったスナーダイ・クマエ孤児院の絵画展。博子さんの
母校、甲南大学にて開催されます。日時、場所などの詳細は下記HPにてご確認を。
ボランティアツアーにご参加された関西地方の皆さん、Tシャツを纏って集いましょう!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2013年8月2・3・4日(金土日)
神戸 甲南大学内甲友会館 10:00am-5:00pm
http://www.konan-u.ac.jp/access/campus.html
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

by SKAPIT | 2013-07-16 20:51 | 日本にて | Comments(0)

初開催となる名古屋の絵画展。ちょうど連休ゆえ、思いきって
足を運んでみました。海外ボランティアにご参加された皆さん
も手伝いに来てくださってオークンチュラン!弊社ピース・イン・
ツアーが呼びかけたイベント『Tシャツを着て絵画展に大集合!
つながろうスナーダイ・クマエの仲間たち♪』。Tシャツを持参し、
ご来場くださった皆さん、本当にありがとう!嬉しすぎて写真を
撮りまくってしまいました。絵画展を通してつながる縁、大切に
していきたいでス。今後も絵画展を盛り上げていきましょうゼヨ!
e0322871_23255054.jpg

e0322871_20315274.jpg

e0322871_23164926.jpg

e0322871_23173145.jpg

過去参加者同士の交流も深まったようで何より。目標達成です。
e0322871_23183823.jpg

十数年来の知人にも再会。懐かしい話がたくさんできてサバーイ。
e0322871_23251260.jpg

明日は名古屋メシを堪能し、明後日は伊勢神宮へ。
現実から離れてもうしばし楽しませていただきまス。

by SKAPIT | 2013-07-14 23:29 | 日本にて | Comments(0)

6年前の今日、大切な友人のひとりが亡くなりました。カンボジアを
愛し、日本に拠点を置きつつも1年の半分以上をシェムリアップにて
過ごし、撮影活動を続けた遠藤君(通称エンエン)。彼の遺作となる
「カンボジアの子どもたち」。弊社ピース・イン・ツアーのパンフレット
e0322871_6575124.jpg

でもご紹介していますが、カンボジアで逞しく生きる子どもたちの姿
が活き活きと描写されていて、誰かを元気にする「笑顔」の可能性を
実感します。ヒッデー!ヤッベー!彼の口癖が聴こえてきまス(笑)。
e0322871_6591265.jpg

先週の日曜日、鎌倉にて遠藤君のお母様と数年ぶりの再会。笑顔が
彼に似ていて(彼がお母様に似ているのですが)、思い出が甦りました。
気づけば涙。きっとエンエンが引き合わせてくれたのでしょう。オークン。

遠藤君が日々の暮らしを綴っていた「エンドー帝国」。カンボジアへの愛が
たくさんつまった文章と写真。彼の生き様が描かれた素晴しいブログです。
エンドー帝国 カンボジア撮影日記
http://enen.exblog.jp/
ブログにても告知されていますが、来週16日(火)より5日間。神奈川県の
港南台タウンカフェにて遠藤君の写真展「カンボジアの子どもたち」が開催
されます。彼の見たカンボジアを改めて感じたい!私は最終日に会いに行く
予定です。とても楽しみ!ご都合のつく方は、ぜひ足を運んでみてください。

【日時】
平成25年7月16日(火)12時頃〜7月20日(土)16時頃まで
店舗営業時間内

【場所】
港南台タウンカフェ
http://www.town-cafe.jp/kounandai/index.html

【入場料】
無料

by SKAPIT | 2013-07-14 07:00 | ご報告&告知 | Comments(0)